取引信用保険  ユーラーヘルメス

取引信用保険

ユーラーヘルメスへようこそ。 当社は、全世界の55,000社以上のお客様に対し、取引信用保険を提供するリーディングカンパニーです。お客様のお取引を貸倒リスクから守り、同時に、積極的なビジネス拡大をサポートするパートナーです。

取引信用保険とは?

たとえお取引先が長い業歴を有し、確立された事業を持つ企業であっても、デフォルトや債務不履行のリスクは存在します。ユーラーヘルメスは、お取引先の財務状況をモニタリングし、独自のスコアリングモデル・格付を用いてリスク評価を行います。

新規取引先或いは既存のお取引先から受けた注文ボリュームを適正化することで、貴社は信用リスクを的確にコントロールできるのです。
そして万が一、焦げ付き債権が発生した場合は、当社が保険金をお支払いする事で損失を補償します。ぜひ、「取引信用保険のいろは」を判りやすくご紹介する動画(日本語版)をご覧ください。

決済期間3年までの中期取引信用保険を発売しました!

信用限度額はノンキャンセルです

カバーワン EH COVER ONE

中・小規模企業様向け取引信用保険
 
不良債権が発生した場合、経営上の足枷になり、成長の妨げになりかねません。取引信用保険を活用し、安全かつ積極的にビジネスを成長させましょう。

 
大規模企業様向け取引信用保険
 
お取引先が万が一支払困難になった場合、貴社のキャッシュフローは危機的な状況に陥る可能性があります。ユーラーヘルメスは、国内取引・輸出取引いずれの場合も、取引規模や業界特性などに適した保険設計をご提案します。

大規模・多国籍企業様向け取引信用保険
 
世界中の市場における様々な制度下・環境でも安心して取引を行えるよう、貴社のニーズに合致した、ダイナミックな信用リスク管理のしくみを実現します。


バイデン「スーパー経済パッケージ」の皮肉
世界中の輸出業者のために40兆円を創出:
中国の対米輸出は6.6兆円増加
米国の約200兆円の景気刺激策は、2021年~2022年にかけて財・サービスの輸入をさらに40兆円増加させるものです。
 
‧ バイデン大統領の景気刺激パッケージは、議会で最終的な承認を得、今後、国内需要を刺激するポジティブな効果を生み出すとみられます。
 
‧ 当社では、米国のGDP成長率予想を2020年に-3.5%縮小した後、2021年に前年比+5.3%成長(2020年12月の予測は+3.6%)、2022年に同+3.8%成長(同+3.1%)するものと上方修正しました。
 
‧ この修正に伴い、失業率は2022年末に4.3%(2021年2月で6.2%)になると予測していますので、この危機の間に蓄積された家計の過剰貯蓄は、予想より早く解消に向かうと見込まれます。
 
‧ 2022年末の米家計の貯蓄率は、総可処分所得の7%(2021年1月は20.5%)になるとみられます。景気刺激策は企業の景況感も押し上げ、住宅以外の投資を下支えします。この国内需要の増加は米国の生産者によって完全に吸収されてしまうわけではありません。当社は、米貿易赤字が2021-2022年にGDP比で平均4.5%に拡大するとみています(過去5年間の平均は2.9%)。より正確に言えば、国内需要が1%増加すると米国の輸入は2.6%増えると推定されます。
世界的な半導体不足:
中国はマーケットリーダーに成り得るか
半導体貿易赤字は巨額の20兆に
今般の自動車業界用半導体チップの不足は、市場規模3兆ドルのIT産業に欠かせない部品である半導体が、至る所で使用され、ますます重要になっていることを浮き彫りにしました。
 
半導体は、2020年に導入された中国「双循環」戦略において優先目標と特定されています。中国は、3月発表予定の第15次5ヵ年計画(2021年~2026年)では、2015年に導入した「メイド・イン・チャイナ2025」計画を土台にハイテク製造業の一大中心地への転換の加速を図るとしています。
 
果たして、世界の半導体マーケットリーダーに成るという中国の野望は実現されるのでしょうか?当社パリのアナリストによるレポートで詳しく分析しています!!
速報! 新地域経済連携(RCEP)は 9.5兆円の貿易押し上げ効果の期待
共通の原産地規則(RoO)導入の効果大

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は、地政学的・象徴的意義の観点から極めて重要なイニシアティブです。多国間主義と調和を実現し、さらなる多国間貿易体制を推進しようというアジア太平洋地域参加国のコミットメントを明確に示す、広範囲経済連携協定です。

ASEAN10か国・オーストラリア・中国・日本・ニュージーランド・韓国にまたがるRCEPは世界のGDPと人口の約30%を占めており、この2点において世界最大の貿易協定です。

米国はここ数年、保護主義的貿易政策を強めていますが、この協定により、アジア太平洋地域における中国の影響力がどのように高まっていくか、注目に値します。

当社の推計では、共通の原産地規則は輸出コストを削減し、加盟国間の商品輸出を年平均で約9.5兆円(2019年の地域内商品貿易の4%、世界商品貿易の0.5%)押し上げる可能性があります。

貿易機会の増加は、未払いリスクの増加となる可能性もあります。適切な信用リスク管理と成長戦略は、経営戦略の両輪です。 

顧客数

55,000+社

全世界のお客様にサービスを提供
実績

8,500+万社

モニタリング企業数
強固な財務・経営基盤

AA rating 

AA 格をスタンダード&プアーズ
より取得
 
お電話によるお問合せ: 03 3238 2560
 
 
Get answers to common questions
about Credit Insurance.