不良債権を減らして資本を解放するには?

無料お見積はこちら

不良債権比率は、投資家、金融機関、出資者、サプライヤーが重視する指標であり、多くの企業が不良債権比率の低下に、最大限の注意を払っています。企業が得られる資金や金融サポートは、不良債権比率に大きく左右されます。不良債権比率を改善する措置を講じることで、より良い条件を引き出し、安心して取引を行うことができます。

不良債権比率を低下させて資本を解放することは、優れた成長戦略の実現に直結します。受注拡大や顧客に対する条件の改善、市場における優位性の確保、成長の加速化が可能となります。したがって、事業の見直しを行い、資本の効率的な活用方法を検討することが大切です。

売上高利益率と収益性の向上は、不良債権比率の改善につながる戦略の一つです。顧客が支払を約定通り行う限り、売上高利益率を向上させることでキャッシュフローは改善します。競争の激しい市場では、値上げは難しい問題です。値上げにあたり、企業がまず検討するのはセールスミックスです。つまり、利益率の高い製品の売上を拡大するか、付加価値によって幅広い製品にわたって利益率を向上させるかを検討します。

また、不良債権比率を調整する一般的な方法として、在庫レベルの低下が挙げられます。受注が増加しているものの、資源の流出リスクがある場合、在庫の確保は有効な手段となり得ます。一方、時間的な効率性を重視する場合は、在庫を減らすことが望ましいといえます。

顧客の負債と支払サイクルの管理もまた、資本を解放する有効な手段であり、一部の企業にとっては最も取り組みやすい戦略となります。与信管理プロセスの強化は、収益フローの改善につながります。不良債権を抑制し、売上金を迅速に回収することで収益を確保することができ、事業成長にとって重要な活動に多くの時間を費やすことが可能となります。ユーラーヘルメスは、取引先のこうした情報や指標をビジュアルで確認できるように、オンラインツール(SmartView)もご提供しています。

売上の向上や在庫の削減は、貴社の努力によってある程度管理できますが、顧客の負債管理はそうはいきません。当社は、何十年にもわたる経験、豊富な情報、幅広いサービスにより、貴社の事業発展をサポートします。 

 

売上利益率と収益性を向上させるためには?

無料お見積はこちら 当社のソリューションを詳しく見る

不良債権比率が高い場合、新しいビジネスチャンスを逃すことになるかもしれません。また、資金調達も困難となる恐れがあります。金融機関は、不良債権比率や不良債権の有無を確認します。迅速な支払の遂行を促し、顧客から売上金をすばやく回収するために、直ちに対策を講じる必要があります。支払遅延の回数と未払金の増加を防ぐには、与信管理が不可欠です。当社独自の情報ツールを活用すれば、最も効果的な顧客向け条件と支払プロセスを策定し、与信管理プロセスを改善できます。  当社の取引信用保険は与信管理全体のリスクをカバーし、不良債権を減らすことで事業成長をサポートすることを目的としています。